ママの働き方

初心者Webライターが月5万円稼いだ体験談!副業でも稼げるよ!

副業でWebライターの仕事を始めてみたけれど、なんだか稼げる気がしないなぁと思ってしまうことってありますよね。

私もWebライターを始めたころは、2時間頑張って書いても150円!?なんてことがありました。

でも、なんとか月5万円稼げる方法を見つけたんです!

今回は、初心者Webライターが月5万円稼げるようになった体験談をお話します。

参考にしていただければ幸いです!

初心者Webライターは稼げなくてもレベルアップしている

クラウドワークスやランサーズでWebライターを始めてみたけれど、「2時間も頑張ったのに、たった150円かぁ」とガッカリしてしまうことってありますよね。

「やっぱりWebライターは稼げない。辞めよう。」って思う人も多いでしょう。

でも、ちょっと待った!

今は2時間頑張って150円しか稼げなくても、あなたは2時間分確実にレベルアップしています。

私は現在、副業としてWebライターの仕事をしていますが、月10万円以上は稼げるようになりました。

私が本業のパートの収入よりもWebライターの方が稼げるようになったのは、間違いなく、最初の稼げなかった頃の努力のおかげです。

「うーん、1日頑張って1000円かぁ」

そう嘆いていた頃、自分でも知らない間にWebライターとしての実力はかなりレベルアップしていたのです。

だから、月5万円稼げるようになるまでは、あきらめないことが大事!

月5万円稼げるようになるまでに、あなたのライティングスキルはぐんぐんレベルアップしているからです。

初心者Webライターが月5万円稼げるようになった体験談

では、私がどんなタイミングで月5万円を安定して稼げるようになったかを語りましょう。

といっても、月5万円稼げるようになったら、その3か月後には月10万円稼げるようになっています。

なんとか稼げない時期を頑張ったら、Webライターとしての収入はどんどん増えていきますよ!

ちょっと話はずれてしまいましたが、私が月5万円稼げるようになったのは、「プロジェクト」形式の案件に参加したからです。

Webライター初心者の頃は、ずっと「タスク」形式のお仕事を頑張っていました。

そしてある時、勇気を出して「プロジェクト」に応募してみたんです。

私が応募した案件は、「初心者歓迎!」と記載されているもの。

初心者歓迎!と書いてある案件は、普通にテストライティングを受けて納品すれば、ほぼ採用されるでしょう。

そして私は、文字単価0.3円の案件に採用されたわけです。

「え、文字単価0.3円って低すぎない?」と思いましたよね。

確かに文字単価0.3円は低いです。

だって、3000文字書いても900円ですからね。

しかし、私が採用された案件は、リサーチのほとんどいらないテーマばかりだったので、普通に1日2~3記事は納品できていました。

例えば、「8月の季語は何?」みたいな記事なので、お手本となる記事はWeb上にたくさんあります。

このように、最初はリサーチのほとんど必要ない案件に挑戦するのもおすすめです。

こんな感じで、文字単価0.3円の記事を鼻歌歌いながらマイペースに書いているうちに、あっという間に月5万円稼げるようになっていました。

初心者Webライターは楽しんで執筆できる案件を見つけるべし!

Webライターとして月5万円稼げるようになるまでは、自分が楽しんで執筆できる案件を見つけましょう。

だって、1日1000円しか稼げなくても、楽しみながら知識を増やせているのに、さらに1000円ゲット!なんて嬉しすぎますもの。

だから、最初は「文字単価は高いけれど、興味のないテーマ」に挑戦するよりは、「文字単価は低いけれど、興味のあるテーマ」に挑戦するのがおすすめです。

あ、他の稼いでいるライターさんは、「稼ぎたいなら文字単価1円以上の案件に応募しましょう!」とおっしゃっていますよね。

確かに、文字単価1円以上の案件をゲットできれば、どんどん稼げるようになります。

でも初心者の頃は、文字単価1円以上の案件には、なかなか採用されないのも事実です。

だから、文字単価が低くても楽しんで書ける案件に取り組みつつ、文字単価1円以上の案件にも応募していけば、バッチリです!

楽しみながら、文字単価1円以上を目指そう!

さてさて、Webライター初心者さんは、なかなか稼げないかもしれません。

けれど、書けば書くほど実力はどんどんレベルアップしているので、諦めてはダメですよ!

興味のあるテーマのプロジェクトに参加しつつ、文字単価1円以上の案件にも応募していきましょう。

そうすれば、月5万円稼げるようになるはずです!ファイトー!