Webライター

文字単価1円ライターになる方法!初心者ライターを脱出しよう!

クラウドソーシングでWebライターの仕事を始めたばかりの頃は、文字単価1円以下の案件を受ける人がほとんどですよね。

文字単価0.1円だったり、0.5円だったり。

でも、こんなにたくさん記事を書いているのだから、せめて文字単価1円ライターになりたいなぁと思うことはありませんか?

そこで、この記事では最高文字単価3円を獲得したWebライターリポポン(@ripoponsims)が、1円ライターになる方法を紹介します。

1円ライターになるのは難しくない

多くのWebサイトやブログでは、「1円ライターを脱出する方法」が詳しく解説されていますよね。

「いやいや、まだ1円ライターにすらなれてないから

なんて、思っちゃいませんか?

私は思いました!

「違うのよ!私は1円ライターになる方法を知りたいのよ!」ってね。

では、どうして「1円ライターになる方法」を記事が少ないのかというと、1円ライターになるのは、それほど難しくないからです。

つまり、文字単価1円の案件をゲットするのは難しくないということ。

とはいえ、私は0.3円ライターだった頃、「どうしたら文字単価1円ライターになれるのよー!」と暴れていました。

文字単価1円ライターになる方法

では、文字単価0.3円ライターだった私が、どのように文字単価1円ライターになれたのかを紹介します。

それはずばり、文字単価1円以上の案件に提案すること!です。

「いや、当たり前だろう」って思いましたよね?

でもね、本当は実力はあるのに、「私は初心者だし、1円の案件なんて無理だろうなぁ」ってあきらめてしまっている人は多いのです。

あなたもそうではありませんか?

クラウドワークスやランサーズで、文字単価1円以上の案件を見つけても、すでに応募している人のレベルが高いので、あきらめてしまってはいませんか?

そう!せっかく文字単価1円以上の案件があっても、応募すらしない人が多いのです。

だから私が言えることは一つ。

文字単価1円以上の案件に、勇気を出して応募してみましょう。

初心者ライターの頃は、文字単価1円以上の案件に提案しても採用されないことがほとんどです。

だから、不採用になることを恐れず、興味のある案件に積極的に応募しましょうね!

不思議なことに、恋愛や仕事と同じように、ライター業も「縁」でなりたっている世界。

ご縁があれば、良いクライアントさんと出会えるので、大丈夫ですよ!

実績がないから1円以上の案件に提案できない時

でも、文字単価1円以上の案件って、「実績を提示してください」みたいに書かれていることが多いですよね。

実績とは、今までどんな記事を書いてきたかということ。

案件によっては、「過去に執筆した記事のURLを記載してください」と書いてあるものもありますよね。

でも、初心者ライターだと実績があまりありません。

実績がないから提案が通らない。

そして落ち込む。

みたいな状態になってしまうこともよくあります。

実績がないために、どうしても文字単価1円以上の案件に採用されない時は、実績を作ってしまいましょう。

記名記事を作成できる案件をゲットする

実績作りのために、記名記事をどんどん作成していきましょう。

文字単価0.3円くらいの案件でも、執筆するとちゃんとサイトにプロフィールを掲載してくれるクライアントさんもいます。

少し回り道になってしまいますが、実績作りのために記名記事を書けるクライアントさんを探してみましょう。

文字単価は低くても、自分の実績となる記事が執筆できるのであれば、どんどん執筆していきます。

すると、実績もできて、執筆スキルも上がって、一石二鳥ですよ!

自分のブログを作ってみよう

あまり実績がないのなら、自分のブログを作るのもおすすめです。

ツイッターを見ていると、「ブログを通して記事の執筆依頼が来ましたー!」と報告している人をよく見かけますよね。

そう、自分のブログを持っていると、ブログ自体が自分の実績になるわけです。

それに、ワードプレス(WordPress)を使用してブログを作っておくと、「ワードプレス使えます」というアピールにもなります。

ブログに書く内容は、趣味のことやライターとしての得意分野など、なんでも良し!

ブログ自体を趣味として、楽しみながら実績を増やしていきましょう。