AI(人工知能)とIoT

スマートLEDランプが超便利!スマホアプリで簡単操作が魅力だよ

「もっと早く買っておけばよかった!」

主婦である私がそう思った商品が、「kasa スマートLEDランプ」なんです。

スマートLEDランプは、連携しているスマホアプリで操作が簡単。

明るさの調整から、オンオフのスケジュール管理までできるので、とっても便利なんですよ!

ということで今回は、 「kasa スマートLEDランプ」 について紹介します!

Amazonで購入できる 「kasa スマートLEDランプ」

私がAmazonで購入したのは、↑この電球「kasa スマートLEDランプ」 です。

Amazonのスマートスピーカー「アレクサ」で音声操作できることに魅力を感じて購入したんです。

でも結局、アレクサと連携しなくても、すごく便利に使えています!

このスマート電球の魅力を紹介しますね!

アプリでスマートランプの明るさが調整できる

見た目はごく普通の電球なんですが、なんとアプリで明るさが細かく調整できるんです。

「kasa スマートLEDランプ」 のアプリを出して、天井に取り付けた電球と連携させます。

電球とアプリの連携方法は、アプリの表示通りに行えば簡単にできますよ!

アプリでは、以下のような感じで連携しているランプが表示されます。

このアプリから、LEDランプの明るさが1%~100%まで細かく調整できるんです。

例えば私は、夜間は75%で、就寝時は1%に設定しています。

また、ワンタッチで明るさを調整したい場合は、希望の明るさを登録しておくことで簡単に明るさ調整が可能です。

↑こんな感じに、ワンタッチで好みの明るさが選択できます。

LEDランプの明るさがスケジュール管理できる

なんと、明るさは自分で変えるだけでなく、スケジュール管理もできてしまうんです。

↑こんな感じに、何時にどれくらいの明るさにする、と登録しておけば、自動的に明るさが調整されます。

だから、うっかり電気をつけたまま寝てしまっても、自動的に照明は暗くなってくれるのです。

朝になり、外が明るくなる時間には照明もオフになるので、無駄な電気も使いません。

エコですよね!

スマホアプリでスマート照明の電気代が確認できる

スマホアプリを使うと、毎日どれくらいの電力が使用されているか確認できます。

我が家の場合は、5時間使用して電力が0.01kWhということが分かりますね。

このように、見た目でもLEDランプの使用量が分かるので、意識的に節電もできます。

とはいえ、LEDランプなのでそれほど電気量は使用しません。

例えば我が家では1日0.01kWh使用しているので、1kWhあたり20円と考えると、1日0.2円分くらいの使用量ですね。

この 「kasa スマートLEDランプ」にかかる 電気代は1ヶ月でたった6円ということです!

アレクサで音声操作できるスマートLEDランプ

実は私、 「kasa スマートLEDランプ」 はAmazonのスマートスピーカー(アレクサ)とセット購入したんです。

「kasa スマートLEDランプ」 は、AmazonのアレクサやGoogleアシスタントと連携させて、音声操作もできるスマート照明。

声で簡単に照明のオンオフができるんです。

ただ私は、スマホアプリの操作で十分なので、まだアレクサとは連携させていません。

「kasa スマートLEDランプ」 は寝室におすすめ

今回は、 「kasa スマートLEDランプ」 を紹介しました。

スマホで簡単に明るさの調整ができるし、明るさのスケジュール管理もできるので、スマート照明はとってもおすすめ。

特に 「kasa スマートLEDランプ」 は寝室におすすめしたいです。

だって、電気をつけたまま寝てしまっても、自動的に照明をオフにしてくれるから。

さらに、ムードにあわせて明るさも数パーセント刻みで調整できるので、便利なんですよ!

スマート照明を買おうかどうしようか迷っているなら、ぜひ 「kasa スマートLEDランプ」 も検討してみてくださいね!

↓ Amazonで普通のLED電球ほどの値段で購入できます♪