1.ママを楽しもう

ママ友とのランチの上手な断り方を紹介!笑顔でお礼を伝えよう

ママ友からランチのお誘いがあると正直、断りずらいですよね。

でも毎回付き合うのは疲れてしまうでしょう。

また、お金がピンチのときなども困りますよね。

そこでママ友からランチに誘われたときの上手な断り方ついて紹介します。

笑顔で断るようにしよう

せっかくランチに誘ったのに、嫌そうに断ると誘った方も嫌な気分になります。

そうならないためにも笑顔を心がけることが大切です。

まずは誘ってくれてありがとうという気持ちを伝えましょう。

ランチに誘われたら、「ランチ行きたいなー。」とか「おいしいもの食べたいなー。」とかと言いましょう。

その後で「今日は習い事のオンラインレッスンがあるから行けない。」とか「実家の母と約束があるから行けない。」とかはっきりした事情を伝えましょう。

そのときにあまり暗くならないようにできるだけ笑顔で伝えましょう。

笑顔ではっきりと伝えれば相手もあまり嫌な気分にならなくてすみます。

LINEで断る場合も最初にお礼を伝えよう

ラインで断る場合も最初に「誘ってくれてありがとう。」と伝えるようにします。ありがとうという気持ちを伝えれば相手も誘ってよかったと思うでしょう。

その後で明確な理由を伝えて断るようにしましょう。明確な理由があれば仕方ないなと思ってもらえます。

最後にスタンプで「またね。」とか「ありがとうございます。」という言葉を送信すると相手も嫌な気分にならなくてすみます。最後に「すみません。」という言葉で締めると暗くなってしまうので、できるだけ明るい言葉で終わらせるようにしましょう。

電話の場合も明るく断るようにしよう

電話の場合は声を明るくするように心がけましょう。

電話の場合も最初に誘ってくれて嬉しいという気持ちを伝えて、その後に行けない事情を伝えて、最後にまた、誘ってくれてありがとうと伝えましょう。

電話は顔が見えませんが、声に気持ちは現れるので笑顔で明るくを意識して断るようにしましょう。

相手に不快感を与えなければランチを断っても相手は仕方ないなと思ってくれるはずです。

ママ友からのランチのお誘いは上手に断ろう

ママ友にランチに誘われたときの上手な断り方について紹介しました。

ランチは行きたいときもあれば行きたくない気分のときもありますよね。

上手な断り方の方法を覚えて、相手に不快感をあまり与えずに断ることができるようになると好きなときだけランチに行けるようになるし、断ることも面倒にならなくなります。

ぜひ実践してみてください。