10代を楽しもう!

荒野行動の年齢制限は16歳!対象年齢未満でも安全にプレイする方法

荒野行動の対象年齢は16歳以上です。(2018年11月現在)

しかし、16歳未満でも友達と荒野行動をプレイしたい!と思いますよね。

今回は、16歳未満でも荒野行動をできるだけ安全にプレイする方法をお話します!

荒野行動をプレイしている小学生のお母さんはこちらへ→

小学生の子供が荒野行動をプレイする影響と危険性。母としての目線で解説。

荒野行動の対象年齢は16歳以上!16歳未満の人がプレイすると通報される?

荒野行動の対象年齢は16歳以上です。

 

しかし、16歳未満の人が荒野行動に対象年齢があることを知らずにゲームをダウンロードしてしまい、正直に生年月日を入力してしまうと、どうなってしまうでしょうか!?

学校に知らされてしまう!?

警察が自宅に来る!?

受験に影響してしまう!?

 

ひー!プルプル。。。

 

こんな風におびえてしまっている17歳未満のあなた!

 

大丈夫ですよ。

 

確かに荒野行動は16歳以上という年齢制限はありますが、16歳未満の人がプレイしていても、学校へ通知されたり、自宅に警察が来ることもありません。(犯罪を犯さなければね)。

 

実際に荒野行動は小学生もたくさんプレイしているので、16歳未満だからっておびえる必要はありませんからね!

 

スマホのフィルタリング機能の年齢制限のせいで荒野行動がプレイできない!

荒野行動はたびたび対象年齢が変わりますよね。

 

対象年齢が14歳以上の時は荒野行動がプレイできた中学生も、対象年齢が16歳になってしまうとスマホのフィルタリング機能にひっかかってプレイできない!なんてことになっているのではないでしょうか。

 

親がスマホにフィルタリング機能をかけてしまっている場合、荒野行動をプレイするには親に許可してもらうしかありません。

 

友達がみんな荒野行動で楽しんでいるのに、自分だけゲームができない!なんて悲しすぎますよね。

 

あなたに残された道は、親を説得することです。

 

友達同士で荒野行動で遊んでいるから、自分だけ荒野行動をプレイできないと仲間はずれにされてしまう、辛い。ということをひたすらアピールしましょう。

 

親がゲームをしない場合は、「荒野行動は問題のあるゲームじゃないから!」と言ったところで、「でも16歳以上の年齢制限があるでしょ?ダメ!」と言われてしまいます。

 

だからこそ、友達の輪に入れなくて辛い!ということをアピールしましょう。

 

荒野行動は好きなのに、クソガキに悪口を言われて辛い時の対処法

荒野行動は16歳以上という年齢制限があるけれど、プレイしている人は小学生や中学生も多いですよね。

 

もちろん、マナーのある礼儀正しい小学生キッズや中学生も多いですが、中には平気で悪口を言ってくるような、いわゆるクソガキも多くないですか?

 

自分は楽しくプレイしたいと思っているのに、「クソエイム!」って言われたり、悪口を言われたらすごく嫌ですよね。

 

特にフレンドになった人から悪く言われると、すごく悲しくないですか?

 

小学生・中学生に限らず大人のクソガキからも嫌な思いをさせられたら、言い換えそう、仕返しをしよう!なんて思わずに、流してしまいましょう。

 

もしもスクワッドで悪い人に当たってしまったら、チームを出ればいいだけです。

 

フレンドになった人から嫌がらせを受けてしまう場合は、フレンドを外せばいいだけです。

 

まずは自分がマナーのある大人になって、クソガキさんたちは放っておきましょう。

 

悪い人は相手にしない、ということが荒野行動を楽しむコツです。

 

年齢にかかわらず、優しい人もいれば悪い人もいるので、自分が一緒にゲームをプレイして楽しめる人と荒野行動を続けていきましょう。

 

荒野行動でフレンドになってもLINEを交換するのは危険だよ

荒野行動で意気投合して仲良くなったとしても、LINEを交換するのは危険です。

 

なぜなら、「私は高校生だよ」なんて話していても、実はオッサンってことが多いからです。

LINEで連絡を取り合えるようになってしまうと、個人情報を聞き出されたり、写真を送ってと言われたり、あらゆるトラブルに巻き込まれてしまう場合があります。

もしも荒野行動のゲーム内で誰かと仲良くなったら、LINEではなくツイッターアカウントを交換するのをおすすめします。

 

Twitterであれば、プロフィールに個人情報を書いていなければ、自分から話さない限り個人を特定されることもありませんし、何かあってもアカウントを消せばよいだけです。

 

LINEのアカウントはリアルな友達や家族ともつながっているので、簡単には消せませんものね。

 

LINEにしても、Twitterにしても、ちょっとでも怖いな、と思ったら相手をブロックしてしまいましょう。

 

早いうちから危険を回避しておいた方が良いです。

 

荒野行動の年齢制限はあってないものだけど、トラブルに巻き込まれないように用心が必要

荒野行動の年齢制限が設けられている理由は、ゲームの内容のほかに、やはりゲーム内やSNSを通して子供たちがトラブルに巻き込まれないようにするためです。

 

あなたが荒野行動の対象年齢の16歳未満の場合は、友達とゲームをプレイするのは大丈夫ですが、知らない人とのトラブルに巻き込まれないように十分注意しましょう。

 

顔が見えないだけに、どんな人がいるかわかりません。

 

悪意ある人と比べれば、キッズやクソガキさんの方が、まだ可愛いものです。

 

荒野行動というゲームを楽しむためにも、悪い人は相手にしない、怖いと思ったらブロックする、ということを覚えておいてください。