10代を楽しもう!

自分に自信がない中学生へ!自信をつける方法は自分のことを知ることだよ!

どうしても自分に自信が持てないと、学校へ行くのも辛くなってしまいませんか?

 

自分の顔も髪型も体形も性格も、何もかも自信が持てない!

 

勉強も運動もとりあえず取り組んでいるけれど、失敗してしまったら、また自分に自信がなくなるんだろうな、と新しいことに挑戦することも嫌になってしまいませんか?

 

そこで今回は、自分に自信が持てない中学生のあなたのために、自信って何?ということから、あなたが自信をつける方法をお話しますね!

 

自信とは自分を理解して認めてあげること

そもそも、「自信」ってどういうことなんでしょうか。

 

「自信」って漢字の通り、「自分を信じる」ということですよね。

 

でも、自分を信じるってどういうことだと思いますか?

 

自分を信じるというのは、自分のことを理解するということです。

 

自分がどんな性格で、どんなことが好きで、どんなことが得意なのか、また、何が苦手で、何が嫌いなのか、そういったことを自分自身で理解するということです。

 

あなたは自分自身のことをちゃんと知っていますか?

 

あなたは、自分の欠点ばかりをみていませんか?

 

逆に、「自信がない」という言葉は、自分になにかが不足しているという意味ではなく、自分自身のことを理解できていないということです。

 

自分自身のことすら理解することができないから、他の誰かから傷つけられるのが怖いと思ってしまい、自分の欠点ばかり見て自分を他から守ろうとしている状態が「自分に自信がない」という状態です。

 

では、どうすれば自分に自信を持つことができるのでしょうか。

 

先ほどお話した通り、自分に自信をつけるには、自分自身のことを知る必要があります。

 

中学生が自分に自信をつける方法とは、自分を知ること

あなたは自分の欠点や短所ばかり見えてしまい、あなた自身の長所が見えていない状態です。

 

そこで、あなたが自分の長所を発見することができれば、今まで知らなかった自分を知ることができます。

 

あなたは自分の長所も短所も知ることができ、あなた自身のことを知ることができます。

 

つまり、あなたはあなた自身の長所も短所も認めてあげることで、自分の自信へとつなげることができるのです。

 

中学生までの間で褒められたことを思い出そう

中学生のあなたは、幼稚園、小学生と今まで生きてきた中で、色んな人からたくさん褒めらたと思います。

 

あなたが褒めてもらったこと、忘れていませんか?

 

例えば、「字がきれいだね」とか「小さいことにも気づくことができるね」とか「早寝早起きできるってすごいね」とかです。

 

あなたも、いっぱい褒めてもらったことがあるはずですよ。

 

幼稚園や小学生の時も、よく思い出してみてください。

 

お母さんや友達、先生はあなたのことをなんて褒めてくれましたか?

 

どうしても思い出せないなら、お母さんに聞いてみてくださいね。

 

短所を書き出してみて?それって長所じゃない?

 

長所がどうしても思いつかなかったら、逆にあなたの短所や欠点を思い出してみてください。

 

あなたが今まで短所だと思ってきたことが、実は長所だった!なんてこともあるんですよ。

 

例えば、

 

心配性 → 慎重だから失敗が少ない

人見知り → 人を見る目が養われる

マイペース → 地道にコツコツと忍耐強い

 

ほらね、今まで短所だった自分の性格も、考え方やとらえ方によっては、あなたの長所になるんですよ。

 

こうやって、自分の短所や欠点も長所としてみるクセができれば、小さなことでクヨクヨすることも少なくなりますし、自分を知って自分に自信を持つことだってできるんですよ。

 

性格診断や分析ツールを使って自分を知ろう

自分で自分の長所が思いつかないなら、性格診断のツールを利用してみましょう。

 

インターネット上でも、性格診断のツールは多くありますが、無料でできるようなツールはあまり正確ではないので、遊び半分で挑戦してみてください。

 

自分の長所を発見するために、私がおすすめしたいツールは、以下の本です。

 

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』という本は、タイトルの通り自分の長所を発見することにより、自分の才能に気付くことのできる自己分析本です。

 

社会人向けの本ですが、中学生のあなたにとっても十分に利用できる本です。

 

価格は1,944円とちょっと高めですが、自分を見つめなおすための本なので、親に頼んだら買ってもらえるのではないでしょうか。

 

(中古品の本だと、Webサイトにアクセスするためのコードがついていないので注意してください)

 

こちらです↓

自分の容姿(見た目)に自信がない中学生よ、工夫をしてみよう

もしもあなたが自分の容姿(見た目)に自信がないのなら、色々と工夫をしてみましょう。

 

顔がブサイクと思うのなら、ちゃんと顔を洗って清潔感のある顔にしておきましょう。

 

にきびが気になるなら、ニキビケア用のスキンケア商品を使うと、改善されることがあります。

 

一重が嫌なら、二重にするツールはドラッグストアにたくさん売られています。

 

テープでも接着剤タイプでも、何個か買って試してみましょう。

 

YouTubeに一重から二重にする方法の動画もたくさんありますよ!

 

顔のほくろが嫌なら、整形外科や美容外科を受診してみてください。

 

日帰りで簡単にほくろ除去できる場合もありますよ。

 

自分の髪の毛のクセや髪型が気になるのなら、おしゃれなヘアサロンへ行って相談してみてください。

 

都会のヘアサロンなら、流行のヘアスタイルにしてくれるし、あなたの悩みに合わせてスタイリング方法もアドバイスしてくれますよ。

 

見た目をどうにかするために、ほんの一例だけお話ししました。

 

いいですか?

 

生まれ持った顔よりも、あなたの明るい表情の方がずっとプラスになるんですよ。

 

今から、暗い表情は意識してやめてみましょう。

 

できるだけ明るい表情で、前をむいて過ごしましょう。

 

たったこれだけでも、あなたは自分に自信を持てるようになるはずです。

 

体育の授業が嫌なら、ダイエットのためと思えばいい→

体育が嫌で学校に行きたくない!体育嫌い・教師嫌いを克服する方法