1.ママを楽しもう

インドア派の小学生の子供が心配?外で遊ばなくても楽しく過ごしていればいいの!

小学生の子供が外で遊ぼうとしない?

 

学校から帰っても、家の中でゲームばかりをしている姿をみていると、親としては少し心配になりますよね。

 

しかし、家の中で遊ぶのが好きなインドア派なら、無理して外で遊ぶ必要はないとは思いませんか?

 

なぜなら、インドア派の小学生は、外で遊ぶよりも家の中で遊ぶ方が夢中になれることがあるからインドア派になっているのです。

 

母親である私たちが心配で胸いっぱいになる必要はないんですよ!

 

小学生の子供が外で遊ばないのは、家の中で夢中になれることがあるから

学校から帰宅した小学生の子供が、外へ出て遊ぼうとしないのは、家の中で夢中になれることがあるからです。

 

例えば、工作やゲーム、本などでしょうか。

 

小学生の子供なら、放課後くらいは自分のしたいことをしたいはずですから、子供が夢中になっていることがあるのであれば、無理に外へ出そうとする必要はありません。

 

たとえゲームでも夢中になって取り組んでいるのなら、子供の自由時間は自由にゲームさせてあげましょう。

 

家の中であっても、子供が目をキラキラさせながら夢中になっているものがあるなら、思いっきりさせてあげてください!

 

子供は外へ出て遊ぶもの!は古い。インドア派の小学生も今はアリ!

私たち親の世代が子供の時は、子供は外へ出て思い切り走り回るもの、というのが普通の考えでしたよね。

 

男の子は小学校高学年になると、活発に外を走り回り、野球やサッカーに熱中するのが普通!みたいな考え方がありました。

 

たしかに、成長期の子供は、外へ出て走り回る方が、全身の筋肉も発達しますし、適度な運動が身体や精神にも良い影響を及ぼすでしょう。

 

しかし今は、ゲームでもダンスゲームや体を動かすゲームはありますし、YouTubeでもエクササイズ動画はたくさんあります。

 

外へ出なければ、成長期の小学生の心身の発達に支障が出る、なんて言いきれません。

 

つまり、外へ出て遊ぶのが好きな小学生は、どんどん外で走り回ればよいし、逆にお家が好きなインドア派の小学生は、家でドンドン好きなことをすればよいのです!

 

小学生の子供がインドア派になるのはゲームが悪い?それ本当?

小学生の子供が外で遊ぼうとしないのは親がゲームを与えたせいだ、ゲームを取り上げれば外で遊ぶようになる、という意見もしばしばみられますが、本当にそうでしょうか。

 

確かに、ゲームに夢中になることで、外へ出て遊ぶ機会を失っているのかもしれません。

 

しかし、家ではゲームをしていても、学校へ行っている間はたいていの小学生は外で遊んでいるはずなので、外遊びの楽しさは知っているはずです。

 

野球やサッカーなど、外での遊びをある程度知っていても、それでも家の中でゲームなどインドアな遊びを好んでいるのであれば、普通にゲームが好きなだけです。

 

外遊びよりもゲームをすることにやりがいを感じているので、「ゲームのせいで外遊びをしなくなった」という考えは、すこし違います。

 

ゲームを持っていても、友達を外で遊ぶ方が好きなら外へ遊びに行くでしょう。

 

ゲームを与えたせいで、子供が外へ出て遊びに行かなくなってしまった!と嘆くのはやめましょう。

 

あなたがゲームを与えたおかげで、小学校でもゲームという共通の話題を通して友達と仲良くなれているかもしれませんよ。

 

ゲームがないと友達と遊べない小学生?じゃあゲームで遊べばいいの!

小学生の子供が外へ出て遊ばないので、友達が家へ来てくれることもあるでしょう。

 

せっかく友達が来ているのだから、ゲームばかりしないの!と言ってしまっていませんか?

 

しかし、友だちと一緒にゲームをするのも楽しいものです。

 

小学生が友達と一緒にゲームを楽しんでいるのであれば、見守ってあげましょう。

 

また、インドア派の大人しいタイプの子供は、友達とのコミュニケーションも苦手な子が多いようです。

 

友達とのコミュニケーションが苦手な子は、友達とゲームで遊んでいる方が、ゲーム内でコミュニケーションがとれるので気楽なのかもしれません。

 

ゲームがないと友達と遊べない子供は、ゲームで友達と遊んで楽しんだらいいんです!

 

小学生の子供がインドア派の方が親としては安心する点もある

昔は小学生の子供が外に飛び出して走り回る光景は、ごく普通だったのかもしれませんが、今は外の環境も昔とは大きく異なります。

 

家の近所で遊んでいたら、「子供がうるさい」と苦情が来ることもあります。

 

近所に公園があっても「ボール遊び禁止」と書いてあったりするので、子供が好きな遊びを自由に遊ぶことができません。

 

それに、怖いのは変質者!

 

市町村の不審者情報もかなり多いので、子供を外で遊ばすのは心配になりませんか?

 

活発な子で、いざという時に大声を出したり、逃げることができる子なら、まだ大丈夫かもしれません。

 

しかし、インドア派の大人しい小学生の子供は、変質者に出会ってしまっときに、上手く対処ができない可能性があります。

 

大人しい小学生の子供の場合は、家の中で遊んでいてくれた方が今の時代は安心ではありませんか?

 

インドアが好きなら、無理して外へ出て遊ばなくてもいいの!

小学生の子供が、家の中でゲームをしたり、工作をするのが大好きなら、自由に好きなことをさせてあげましょう。

 

子供は外で遊ばなくてはならない!なんて思いすぎなくても大丈夫です。

 

まだ小学生の子供であれば、外で遊びたくなったら自分から外へ飛び出します。

 

家の中で夢中になれることがあるなら、インドア派で楽しんだらいいんです!

 

外へ出て遊ばなくても、家の中でも学べることはたくさんあります。

 

子供が大好きな場所で、大好きなことを思い切りさせてあげましょう!