ゲーム

小学生の女の子がティックトック(tiktok)にハマると危険!母親目線で問題解説

若者の間で流行っている「ティックトック(TikTok)」というアプリ。

 

小学生の女の子の間でも流行しているので、もうすでに子供がティックトック(TikTok)をはじめている、というご家庭も多いですよね。

 

でも、小学生の女の子が動画を投稿するのは心配ではありませんか?

 

この記事では、小学生の女の子がティックトック(TikTok)にハマると起こる危険性と、問題について、小学5年生の母親である私がご紹介します♪

 

ティックトック(tiktok)とは小学生の子供にも人気の動画投稿アプリ

若者の間で流行っているティックトック(TikTok)というのは、スマートフォンの動画投稿アプリです。

 

中学生・高校生だけでなく、小学校高学年の女子の間にも大人気です。

 

YouTubeのように時間をかけて動画編集する必要がないので、誰でも手軽に動画投稿を楽しむことのできるアプリです。

 

しかし、人気のあるアプリなだけに多くの危険性も潜んでいます。

 

ティックトック(TikTok)は、自由に動画投稿ができ、自分の動画を観た人からイイね!をもらえたり、コメントをもらえたりします。

 

気軽に自分を表現することができて、知らない人ともコミュニケーションが取れることが魅力の一つで、若い人だけではなく、中高年でも利用者がいるほどです。

 

小学生の女の子がティックトック(TikTok)にハマると起こる危険性と問題

ティックトック(TikTok)はスマホでアプリを出して、ラインと連携すれば、誰でも簡単に動画を投稿することができます。

 

そのため、小学生の女の子の利用者も多く、放課後の公園ではティックトック(TikTok)に夢中になる小学校高学年の女の子の集団もよく見られます。

 

小学5年生の娘も友達の影響でティックトック(TikTok)をはじめました。

 

私の娘は顔を出すのは嫌だといって、イラストを使った動画を作成して投稿しています。

 

しかし、娘の友達(小学5年生)のアカウントをチェックしてみると、普通に顔と全身を出して投稿している子が多く、自宅の中までハッキリと映されています。

 

これって、すごく怖くありませんか?

 

小学生の女の子が自分の顔や自宅を映し、オンラインに投稿しているのです。

 

さらに、彼女のフォロワーには小学校の同級生も多く、フォロワーをチェックしていくと、近所の公園で撮影している子もいました。

 

つまり、小学生の女の子の顔、自宅、そして近所の公園の映像が映されているので、個人を特定される可能性がものすごく高いのです。

 

悪意ある人に目をつけられてしまえば、あっという間に住んでいる地域を特定されてしまうでしょう。

 

ヤフー知恵袋などに公園の写真をのせて、「どこの公園ですか?」と質問すると、簡単にどこの地域の公園かを特定されてしまいます。

 

小学生の女の子の間で人気のあるティックトック(TikTok)ですが、かなり恐ろしい危険性をもっています。

 

小学生の女の子がティックトック(TikTok)を上手く使うためのルール

ティックトック(TikTok)を小学生の女の子が利用することは危険に感じますが、だからといって頭ごなしに「やめなさい!」というのはあまりに可愛そうです。

 

なぜなら、ティックトック(TikTok)は自己表現できる場であり、友達とのコミュニケーションツールであるからです。

 

友達の多くが利用しているアプリなので、自分だけティックトック(TikTok)をしていないと、仲間外れにされてしまいます。

 

特に小学校高学年は、共通の趣味や話題がないと、すぐに仲良しグループから外されてしまうので、友達とのつながりとなるツール(アプリ)はやめさせてはいけません。

 

もちろん、ご家庭のルールもあるので、保護者であるあなたが判断してくださいね。

 

ちなみに我が家では、もともと子供も顔を出すのは嫌だ!とは言っているものの、母親からも、「顔は映らないようにしてね」「自宅や近所が移ったら、どこに住んでいるかバレてしまうよ」と何度も注意喚起は行っています。

 

小学校でも、スマートフォンの安全な使い方やSNSの危険性などの指導も行われているようなので、子供たちも自分たちで安全な使い方は身に着けているようです。

 

だからといって小学生は、まだほったらかしにできる年齢でもないので、ウザくない程度に注意喚起は行っていきましょう。

 

母親がしつこすぎると、逆に反発されてしまうので余計に危険です。

 

できれば、母親もティックトック(TikTok)のアプリを出して、パトロールするくらいで、上手く付き合っていきましょう。

 

最後に。子供を見守るはずの母親がティックトック(TikTok)にハマるケースも少なくないので、ご注意を。笑